274人のこころを動かした一言

わたしが出逢い、こころが動いた大切な言葉をご紹介します。読者の方の人数でブログタイトルも変えていきます!

MENU

「人の幸せ」を喜べない人への一言

「本当に信頼しあった恋愛」をするために大切なこと

f:id:otonarisan_hitokoto:20190321171250j:plain


こんにちは、こまちです。

今朝3時まで人生の先輩と飲み、かなり寝不足です(笑)

そこで、2つの話題がありました。

「本当に信頼しあった恋愛をするためには」

「仕事で成果をつくる為の突破ポイントは」

今回は、恋愛の話での気づきを書きます。

「人の幸せ」を喜べない、本当の理由

f:id:otonarisan_hitokoto:20190320135444j:plain


わたしには、すごく信頼している弟のような友人がいます。

その弟を飲み会に誘っていたところ、これまたわたしにとって姉のように大好きな友人と、知らない間に付き合っていました。

今は同棲していて、とってもラブラブです。
近くで見ていて、ええなぁと羨ましがっていました。

人生の先輩いわく、その2人への本心での感情が、「こまちが幸せな恋愛をするカギ」と言われました。

「目に見えない競争をしてるから、しんどいんだよ」


その弟に対しても、姉に対しても、対立する必要はないんだよ。

でもこまちは、幸せな2人を見て、「自分には信頼できる恋人がいない分、仕事で成果をださなければ」と考えている。

2人は幸せだから、仕事の成果がなくてもいいじゃんとすら思ってない?
むしろ成果を創ってほしくない。対等でいれなくなるから。

自分は「足りない」。
だから、他の部分で優位に立たないと、対等でいれない。勝てない。

2人は「足りてる」。
だから、もう十分でしょ?

2人に対してと限らず、例えば恋愛でも仕事でも、他の人と一緒に幸せになって、その中でさらに自分が抜きんでて幸せになりたいと思うのは普通の感情。

負けたくないって気持ちは、誰の中にもある。

ただこまちは、人を蹴落としてでも自分を勝たせたい気持ちが強い。

他の人が成果をつくったり幸せになったら、嬉しい!もっとわたしもやろう!ではなく、嫌でしょ?

それを聞いて、自分では気づいていませんでしたが、確かに「負けたくない」「足りない恥ずかしい自分」という気持ちに気づき、夜中3時にやばーーーと叫んでました。

 

「足りてるじぶん」を受け入れる

f:id:otonarisan_hitokoto:20190321173015j:plain


そこから変わるためには、どうしたらいいんですかね。

「足りない」自分ばかり見るんじゃなく、「足りてる」自分をみよう。


そうアドバイスいただきました。

確かに。
つい自分の不足ばかり目を向けて、人と比べていました。

そうではなく、足りてるわたし。得ているわたし。

でも31歳になるまで、ずっと根深く「足りないわたし」ばかり見てきたわたし。

そんなわたしが変わるには、どうしたらいいんですかね。

 

「毎日100回感謝しよう」

 
「足りないわたし」を見るのは、感謝が足りないからだよ。

今日から、毎日100回感謝しよう。

スマホが使えて感謝。

美味しいラーメンが食べれることに感謝。

電車で移動できることに感謝。

一緒に飲める友達の存在に感謝。

何でも話し、本音で向き合ってくれる人生の先輩に感謝。

信じられるわたしが、今日も元気に生きていることに感謝。

もう「しあわせ」である今日に感謝。


**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********

今日をワクワクに変える一言

何に「ワクワク」するか

f:id:otonarisan_hitokoto:20190320134954j:plain


こんにちは、こまちです。

みなさんは、何に「ワクワク」しますか。

最近気づいたのですが、わたしがワクワクする話には、共通点があります。

それは、「埋もれていた人が、力を発揮して輝いていくストーリー」です。

何か凹むと、気づいたらスーザン・ボイルさんの動画を観ています。

youtu.be

某人気TV番組に出てきた、明らかに普通のおばさんを、みながバカにします。

しかし、その歌声を聞くや、バカにしていた人の見る目が変わり、大歓声に変わる。

その事実に、いつも力が湧きます。

自分を起こす一言

f:id:otonarisan_hitokoto:20190320140537j:plain

パッと見、力なさそうだなって人が、実はすごい力を持っていて大成した人の話を聞くと、ワクワクします。

1009回断られても折れずに70歳近くで大成したカーネル・サンダースさんもすごいなと思います。

大人顔負けに推理をするコナンにも。

TVの「浅見光彦シリーズ」も好きでした。
警察の上層部の息子とわかったとたん刑事の態度が変わるのがスカッとしました(笑)


「今、この瞬間からがスタート」
「今は目に見えなくても、自分と人を信じて今日も生きよう」


自分が「よっしゃやるぞ」とやる気になる一声をかけて。
今日もがんばります。

 

人生、急転び柔起き

f:id:otonarisan_hitokoto:20190318130049j:plain

人生、急転び柔起き。

急に転ぶこともありますが、そこから学び、もっと素敵な人になって。
また起き上がりましょ。

そして、人が七回転ぶなら。
わたしは九回転んで十回起き上がる人であろうと思います。

人生一回。
たくさん経験して、豊かになって、成長したい。

そう心から思います。


**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********

「真面目なわたし」を変えたい人への一言

「くそ真面目」が、なぜ疲れるのか

f:id:otonarisan_hitokoto:20190319220546j:plain


こんにちは、こまちです。

昨夜、人生の先輩にすごいことを言われました。

わたしは、本当にいつも肩に力が入っています。
「くそまじめ」の頑固者です。

「まじめ」がコンプレックスだったので、「まじめだなぁ」と言われるとキレてました(笑)

だけど、なんだか疲れる時がありました。

そんなわたしに、人生の先輩が一言。

「こまちは真面目じゃないから、真面目になろうとして疲弊してたんだよ」 

 
わたしにとって、とんでもない一言でした。

 

「こうあるべき」を手放すとき

f:id:otonarisan_hitokoto:20190319220946j:plain


今まで、たくさんの人から「こまちは真面目だねぇ」と言われてきました。
自分でも、まじめだなぁと思ってきました。

だけど、ほんとうは、まじめじゃない。

思えば、性生活は今でもグダグダだし、決めたダイエットも2日坊主。

朝寝坊はするし、今日はこれくらいでいっかなとさぼることもしばしば。

ピアスはよく片方失くすし、髪乾かすのも適当。

洗濯も面倒だし、よく「こまちは生乾き臭い」と先輩に怒られます。


何より、まじめな自分に、ずっと疲れてました。

親に捨てられないように、いい子でいなきゃ。

それに。シンプルに、いい子でみんなに褒められた方が、嬉しい。

でも、手放していい。

本当に真面目なら、疲れない。
無理するのをやめて、自然体でいい。

 

「こういう自分が好き」が増える方法

f:id:otonarisan_hitokoto:20190319221525j:plain


全力なときも、不真面目な時も。あっていい。

「こういう自分、嫌いだな」と思う部分。
「こういう自分、疲れるな」と思う部分。

それは、本来の自分とは違う、「よく見られたい」から来ているのかもしれない。
そう、先輩の一言で感じました。

何より、肩の荷が降りた感じ。
また一つ前進。

手放すと、新しいものが手に入る。

許し、受け入れ、手放し、進む。

どんな「わたし」にも。今から、なれるとしたら。
どんな「わたし」になりますか。


**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********

がんばり屋なあなたへの一言

今日からすぐ、努力をカタチにできる魔法の言葉

f:id:otonarisan_hitokoto:20190318125826j:plain


こんにちは、こまちです。

みなさんは、ご自身のことをどういう人だと考えていますか。

わたしは、目の前に大きな目標があると、「どう変化したら達成できるか」「何を変えたらいいのか」と悩むことが多々あります。

そんなわたしを見て、人生の先輩からいただいた言葉が衝撃的でした。

 

もうこまちは、達成できる人なんだよ。

 
最初は、何を言われているのかさっぱりでした。

目の前には何の成果もなくて、手ごたえもなければ、自信も確信もない。

長く努力してきたけど、咲かない。
芽も見えない。

達成できると言われても、してないんですよ。

「成果がでない」原因があった場所は

f:id:otonarisan_hitokoto:20190318130252j:plain

でも、ふと気づきました。

もう自分には、十分に力がある。足りている。
あとはそれを使い切るだけ。

そう思うのは、勇気がいることなんだと。

「変われば、成果が出る」
「もっと力つけたら、達成できる」

それを言っているわたしの居場所は、すごく甘えた場所でした。

そこにいれば、達成しなくていい。
だってまだ、達成できる力が自分にはないから。
できっこない。それが普通。しかたない。だから達成しなくていいんだ。

「幸せになる勇気、だよ」

 

幸せになる勇気

f:id:otonarisan_hitokoto:20190318130646j:plain


目に見える成果がなくても頑張ってきたあなたは、本当にすごい。

「成果がでないから、自分には無理だ」
そんな一番簡単で楽な言い訳して手放すチャンスはたくさんあったのに。

あなたはくらいついてきた。
それは誰でもできることじゃない。

今まで。
成果を出して、それでもうまくいかなくなって手放していった人を、たくさん見てきた。

周りの人がどんどん成果をつくって横を通り過ぎていく背中も、たくさん見送ってきた。

それでもあなたは、努力し続けてきた。
なぜそんなことができたのか。

あなたが一番、あなたのことを信じているから。

自分は、成果を出せる人間なんだと。
達成できる人なんだと。

そのあなた自身の強く芯のある想いを「受け取る」勇気を出したら、今日が変わる。

これまで一緒にずっと努力してきた、一番大切なひとを。
より幸せにしていきましょう。

 

**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********

愛される人になる一言

みんなから愛される人が大切にしていること

f:id:otonarisan_hitokoto:20190214190438j:plain


こんにちは、こまちです。

最近、気づいたことがあります。

「この人ともっと仲良くなりたいな」

そう思うと、わたしは無意識に、その人のオススメのものを聞きます。

本でも、動画でも、曲でも。
すぐに買って、読んで、観て、聞きます。

そして、その感想をその友達と話すと、
とっても仲良くなれると思います。


大切なことは、そこに心があるかどうか。

「仲良くなったと思われたい」という作業でやると、
その本心が、友達に伝わります。

ハッキリとはわからなくても、なんか匂います。

読みたい。聞きたい。

そう思った時だけでいいんです。
思わないのにしなくていいと、わたしは思います。

思い返すと、その人のことをもっと知りたいと思う時点で
もうその人のことが、人として好きなんだなと思います。

「お金がない」「時間がない」はどんなメッセージか

f:id:otonarisan_hitokoto:20190214190528j:plain


むかし、社外の研修トレーナーの方に教えていただきました。

「お金と時間は、優先順位だよ」


元々自動車の営業マンだったそのトレーナーは 、よく言われたそうです。

「今は、お金がない」
「話をきく時間がない」

だけど、お金と時間は優先順位。

いくらお金があっても、価値を感じないなら「お金がない」と言う。
逆に価値を感じれば、借りてきてでも買う。

いくら時間があっても、会いたいと思わないなら、「忙しい」。
逆に会いたければ、時間をつくってでも会おうとする。

それは人だけでなく。
今、自分が何にお金と時間を使っているかを見れば、何に価値を感じているかがわかります。

「思ってるけど」ではなく、やってること。
お金と時間は、優先順位です。

その人の「好き」の中に、「その人」がいる。

f:id:otonarisan_hitokoto:20190214190812j:plain


そんな中で、「優先順位を上げる価値があるよ」というメッセージが「オススメ」。

観た方がいいよ!
まじで読んでみて!

その一言の中に、その人の感じている価値がある。

思い返せば。

水曜どうでしょうが大好きなしょーこのオススメで
一晩中大泉洋さんがオーロラを観る為に旅しているのを観て。

しょーこがとっても優しくて、
心が広い理由を体感しました。

6年前からずっと友達のたなかのオススメした
マイナスターズ」というさまぁーずさんのコントを観て。

たなかがおもろいと思う笑いは、
わたしも好きだなと感じました。

いいだくんがオススメした「ヘルプ」という黒人奴隷の実態を出版した
ひとりの女性のエピソードを通して。

わたしは、ご飯食べるところで泣いたけど、
いいだくんはあのお母さんのとこに響くのかと知りました。

その人の「好き」「おもしろい」の中に、「その人」がいます。

「大切な人」が大切にしているものを、大切にする

f:id:otonarisan_hitokoto:20190214194522j:plain

思い返せば、わたしの周りにいる素敵だなと思う人は、
まわりの人の大切にしているものを、大切にしている。

本や音楽、映画だけでなく。
家族との大切なエピソードや、嬉しかった仕事のことも。

大切に覚えていているからこその「一言」がある。

わたしも、たくさん大切にしていただいた。

赤の他人が大切にするものを、大切にできる人は、
自分のささいな「嬉しい」も、大切にしている気がします。

「大切なひと」に自分もいれましょう。
「大切なひと」を大切にできるひとに。

**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********