305人のこころを動かした一言

わたしが出逢い、こころが動いた大切な言葉をご紹介します。読者の方の人数でブログタイトルも変えていきます!

MENU

「仕事」をより活き活きと-支えとなる言葉

「あなたと仕事がしたい」と選ばれる人になる一言

「この指とまれ!」に何人とまるか こんにちは、こまちです。みなさんがもし「この指とまれ」と言った場合、何人の人がとまりますか。わたしは最近、「これがいいと思うからやろう!」という提案に、だーれもとまらない経験をしまくっています笑。成果をつく…

「ひとりぼっち」と思ってしまう時への一言

ひとりと思うときほど、「ありがたい」と出逢う こんにちは、こまちです。以前、大学4年間、ずっと部活で補欠だった話をしました。 それはわたしにとって、かなりコンプレックスでした。グランドが怖いなと思う日もありました。それでも今となると、入部して…

成果にコミットする一言

恩師からいただいた、決意の一言 こんにちは、こまちです。以前もご紹介しましたが、わたしには中学時代にものすごくお世話になった、塾の恩師がいます。 神保先生は、中学3年生の受験が始まる4月。春期講習で言い放ちました。 「俺は、お金と命以外のものだ…

「身の丈以上」をがんばっている方への一言

ぎゅーぎゅーした今日に こんにちは、こまちです。昨日、満員電車に乗りました。ぎゅーぎゅーな中、電車の扉の上の方に貼ってある「転職」の広告が目に入りました。ドアの前に立つこともありますが、この転職の広告をまじまじ見る時って、満員電車の時が多い…

努力が成果にならない時に力がわく一言

ほぼ100%運動神経が良くなる方法 こんにちは、こまちです。よく、「運動神経いいよね」と言われます。ソフトボールと野球を、小学校3年生から18年やってきました。そのうち14年間は、週6日をグランドで過ごしました。平日3時間以上、土日は5時間以上は練習…

人生初めての大きな挫折を、4年支え続けた一言

18年間で一番「ソフトボール」を楽しんだ、宝物の経験 こんにちは。こまちです。わたしは18年間、野球やソフトボールをしていました。なかでも大学時代は、体育会ソフトボール部に入部しました。「どうせやるなら、全国で。」高校時代は県大会5位が最高成績…