305人のこころを動かした一言

わたしが出逢い、こころが動いた大切な言葉をご紹介します。読者の方の人数でブログタイトルも変えていきます!

MENU

「もう無理だ」の人がキラキラ輝く一言

「くじけそうな今日」から立ち上がる言葉

f:id:otonarisan_hitokoto:20190418214453j:plain


こんにちは、こまちです。

最近、すごく体調を崩していました。

極度の貧血、逆流性胃腸炎慢性胃炎

大学病院ではそう診断され、来週は違う科にも行ってきます。

人生2回目の胃カメラを飲み、健康の大切さも体感しました。

最近は、本当にぜんぶが息苦しく、ぐだぐだでした。

彼氏が欲しいと言いながら、身体の関係の相手を何人かつくっていました。

すると昨日、久しぶりに会った人生の先輩に、すぐバレました(笑)。

何にも言っていないのに、いきなり
「好きでもない相手とSEXしてると、自己価値下げるよ」

ちゃんとしなよ。

聞けば、顔に書いてあったそう。
なんでもお見通しです。

昨日先輩と飲んだのも意味があるんだろなと思います。

思えば、小学校から24年幼馴染の男友達にも、一昨日すごく怒られました。

詳しくは言ってないですが、「新宿でナンパされてさー」と話をして、彼のことを少し話したら

俺は、よく知らない人は信用しない。
それってホントのことなの?

なんだかすごく怒っていて、でも自信をもって、素敵な人だよ!と言い切れない自分もいて。

2人の暖かい関わりから、自分の浅はかさに気づきました。
ここが変わるところだなと感じました。

 

3年後のわたしからの手紙

f:id:otonarisan_hitokoto:20190418215028j:plain


2019年4月18日のわたしへ。

2019年。
年の始まりはすごくいい感じで、やっと色んな今までのことが結実したのだと、
このまま突き進んでいけそうな気がしていたよね。

1月、2月と積み上げたものが、きれいに3月、4月で無くなり。
体調も壊し、新しい仕事も忙しくなり、本当にキツイ日々だった。

身体の関係もつくって、都合のいい女でいる楽さを選んでた。
女として接してもらえることを喜んで、表面的な関係に逃げていた。

だけどそんな時期も、あなたは折れずにふんばった。
諦めてもおかしくない一日を、絶対に手放さなかった。

どん底だと受け入れ、あそこからまたビジョンを描き、
叶える人生にするのだと決意し、奮起して、努力し続けた。

だから今、2022年の9月のわたしは、最高に豊かで幸せです。

2019年の4月半ばまでは苦しかったけど、その後ものすごく素敵なことが起こっていった。一つ一つ、幸せが積みかさなっていった。

あの時、人生の先輩の一言で変わって、自分をまじで大事にしようと決めて、変わったあなたは。

すごく心から信頼できて、大事な仕事仲間にも紹介したくなる、とっても素敵なパートナーと結ばれた。

深刻に考えがちなところも変えて、毎日感謝とワクワクを大切にして仕事していき、素敵な人とたくさん出会えた。

今わたしは、今月65歳になるおかんと、ビジネスクラスでスペインに来て、カフェでこれを書いています。

本当にありがとう!よくがんばったね。

自分のことを本当に大切にしようと決めて、
幸せをどんどん受け取っていった強さに。

絶対に叶える人生にすると信じ抜いた力と、
「今あるもの」に感謝していった心に。

くそ真面目で、振り切ってまっすぐ進んだ愚直さと、

どんなにぐだぐだでも、わたしのことを大切に想い、
怒ってくれる素敵な人から、とっても応援された愛され力に。

心から、感謝!

一つ一つのあなたが、ぐだぐだした「無理」なわたしも一部となって
今のわたしがいます。

本当にありがとう。大切に生きます。


例えどんな今日だろうと、どんな自分だろうと。
そんな手紙が来る、今日に変えることができる。

わたしは、そう信じます。


**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********