305人のこころを動かした一言

わたしが出逢い、こころが動いた大切な言葉をご紹介します。読者の方の人数でブログタイトルも変えていきます!

MENU

コンプレックスが「良さ」に変わる一言

それが個性となる

f:id:otonarisan_hitokoto:20181128083457j:plain


こんにちは、こまちです。

わたしは、とっても滑舌が悪いです。

「いきしちにひみいり」の行が全般苦手です。

一番の壁は、掛け算の七の段です。
「しちしちしじゅうく」が伝わりません。

そんなわたしは、それでも前を向いて歩いていました。

そして、学校の先生に勧められて(笑)、「ことば教室」にも行っていました。

ベロを1時間くらい上げ続けたり、ひたすら言いにくい言葉を言い続ける謎の教室に、週一で通いました。

そう、わたしは努力家なんです。


努力は決して裏切らない

f:id:otonarisan_hitokoto:20181128121150j:plain

成長したわたしは、小学校6年生の時、児童会副会長に選ばれました。

全校集会で、3年生のみんなに人生の先輩であるところを発揮して、マイクで案内しました。

「しゃんねんしぇいのみなしゃん」

それ以来、案内は他の子がやってくれました。


大学の体育会女子ソフトボール部時代。

大会中、自分のチームが試合ではない時に、他のチームの試合のウグイス嬢をやる仕事がありました。

「3番、センター、石井さん」

わたしは4年間、一度も任されませんでした(笑)。

わたしも黙って、バックボードで得点板係を引き受けました。


自分の人生は、自分で切り開いていこうと感じた一言

f:id:otonarisan_hitokoto:20181128121056j:plain

中学1年生のとき。

先生と母との三者面談がありました。

とっても緊張するわたしと母に、先生は言いました。


こまちちゃんは、とっても勉強頑張っています。

学級委員もやっていて、クラスのみんなと仲もいいです。

このまま頑張ったら、群馬県でもいい高校に入れると思います。

どんな進路も、選べると思います。

ただ、アナウンサーにはなれません。


「先生、なりたい言ってないです」


**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********