305人のこころを動かした一言

わたしが出逢い、こころが動いた大切な言葉をご紹介します。読者の方の人数でブログタイトルも変えていきます!

MENU

一瞬で今ある「幸せ」を思い出す、すごい言葉

「ありがとう」と言える幸せ、言われる幸せ

f:id:otonarisan_hitokoto:20181026144749j:plainこんにちは。こまちです。

わたしは群馬から京都の大学に進学しました。

知り合いなんて1人もいない地に旅立つわたしに、中学時代にお世話になった恩師から、いただいた言葉があります。

ありがとうと、言える人になってください。
ありがとうと、言われる人になってください。

ありがとうを言えるということは、
こまちを想い、力になってくれる誰かがいるということ。

ありがとうを言われるということは、
こまちには、力になれる人がいるということ。

どちらも、すごく幸せなことです。

18歳のわたしは、まだ先生の仰る「幸せ」が、よくわかっていなかったように思います。

歳をとればとるほど、先生が伝えたかったことが染みわたっていく、大切な言葉です。

「頑張ることに疲れたとき」に大切にするもの

f:id:otonarisan_hitokoto:20181026152239j:plain「ありがとう」をもらう為にがんばる。
褒められたいから、認められたいから、がんばる。

わたしには、こういう時期が長くありました。
今も日々、自分の中のそういう気持ちに気がついては、手放しています。

承認欲求で頑張れる時期もある。
だけどそれだけだと、頑張っていることに疲れ、燃えなくなるよ。

そう、人生の先輩に教えていただきました。

自分の中に生まれた「ありがとう」という幸せ。
それを言葉というカタチにして、たくさんプレゼントしよう。

役に立っている自分も、誰かが力を貸してくれる自分も、承認し大切にしよう。

それが、13年前に先生が伝えたかったことなのかもしれません。

自分で自分を傷つけるのをやめて、幸せを自分の中から広げていく。
これからも、「ありがとう」を大切にしていきます。

**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********