274人のこころを動かした一言

わたしが出逢い、こころが動いた大切な言葉をご紹介します。読者の方の人数でブログタイトルも変えていきます!

MENU

「身の丈以上」をがんばっている方への一言

ぎゅーぎゅーした今日に

f:id:otonarisan_hitokoto:20181109143600j:plainこんにちは、こまちです。

昨日、満員電車に乗りました。

ぎゅーぎゅーな中、電車の扉の上の方に貼ってある「転職」の広告が目に入りました。

ドアの前に立つこともありますが、この転職の広告をまじまじ見る時って、満員電車の時が多いのかもしれないな、と思いました。

個人的に、人生、何の不満もなくうまくいっているときに立ち止まる人って、あんまりいないのではと感じます。

今、すごく楽しい。
人にも恵まれている。
努力もしているし、かみ合いそうな気配もしてる。

だけど、何かモヤモヤする。
それが、動く力になる。

だったら、そのぎゅーぎゅーした今日にも感謝。

身の丈以上の仕事をがんばるあなたへ

f:id:otonarisan_hitokoto:20181109143642j:plain

「家族は自分で選んで産まれてきている。だけど仕事は呼ばれるもの」

日本の納税額1位にもなった実業家、斉藤一人さんの言葉です。

時に人は、身の丈以上と感じる仕事と、出逢う時があるなと思います。
私にもありましたし、今もそうです。

その時に、自分にどんな一言を届けるか。

「自分はまだまだなんで」

言えることは、本当にそうであれば、その役割はあなたの元には来ていないということ。

解決できる力があるから、たとえ失敗しても、それが長い目でみれば必ずプラスになるから、その仕事はあなたの元に、いまある。

わたしは、ぎゅーぎゅー負荷がかかる時、自分に次の言葉を届けています。

ルパン3世の相棒の次元大介が、ハプニングの時に口にした一言です。

「おもしろくなってきやがった」

宮崎駿,『ルパン三世 カリオストロの城』,東京ムービー新社,1979年.

**********

最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********