266人のこころを動かした一言

わたしが出逢い、こころが動いた大切な言葉をご紹介します。読者の方の人数でブログタイトルも変えていきます!

MENU

10年間傷ついていた過去を受け入れられた一言

「人は過去を変えることができる」と知った一言

f:id:otonarisan_hitokoto:20181031120220j:plainこんにちは、こまちです。

わたしは姉が一人います。

ホストにお金を使いすぎてカードを止められ、消費者金融も払えなくなり、母に立て替えてもらった翌日から消息不明で連絡も無視という、変わった姉です。

最後に姉に会ったのは、8年前のおばあちゃんのお葬式でした。

その時、2人で住んでいたおばあちゃんが急に天国にいったことと、その遺産を巡り親族や父と揉めにもめていたことで、母は一時期ノイローゼになっていました。

ご飯をつくらなくなり、ほぼ毎日コンビニ弁当かスーパーのお惣菜。

一方で、その揉めている親族がやっていた建設会社に頼んで、一人暮らしとなる実家のキッチンをオープンキッチンにする工事を発注。

姉とも連絡とれず、父は離婚裁判直前だったので、当時はわたしが、毎週東京から群馬に帰っていました。

その頃は、文科省に提出する教科書の提出期限が迫っていて、毎週6日勤務だったので、土曜の夜遅くに群馬に帰り、日曜の終電で東京に帰ってくる生活。

さすがにわたしも疲弊していました。

その頃に母に言われた一言を、私は10年間、受け入れていませんでした。

「おねえちゃんは弱いから、優しい。
 お前は強いから、冷たいよね。」

 

悲しい感情を完了させることで、嬉しいも受け取れるようになる

f:id:otonarisan_hitokoto:20181031120317j:plain誰より母を支えている自負がありました。
だからこそ、こんなに大変な想いまでしているのに、と思いました。

仕事中、その一言を思い出して、アメリカの農業分布図について上司と話している時に、突然号泣したこともありました。

優しい上司は、「今日は帰りな」と理由も聞かずに帰らせてくれました。
本当に私は、周りにいい人に恵まれてきたなと思います。

母の言葉を受け入れることができたのは、ある人生の先輩からの一言でした。

「ちゃんと悲しかったことは、今からでも悲しんで、気持ちを完了させたほうがいいよ。」

その言葉で、ハッとしました。

乗り越えているつもりが、悲しいという気持ちを抑えていただけだったことに気づきました。

ああ、わたし、悲しかったんだ。
すごく、悲しかった。

そう思い返したら、ものすごく楽になりました。

当時の母は、そういう表現が精一杯だった。
そして、それでも、私に対して感謝の気持ちを持っていたのだと気付きました。

相手の気持ちになる為には、まず自分の気持ちになることが大切なのだと、学びました。

**********
最初は「ひとりのこころを動かした一言」で始まったブログですが、「読者の方の数」+「わたし」で、ブログタイトルの数を変えていっています。

読者になっていただいた方、ありがとうございます。
気に入って頂けた方は、ぜひお願い致します。

**********